【A HotDocument】 トップ

>

ご購入前のよくあるお問い合わせ(体験版 等について)


ご購入前のよくあるお問い合わせ

流通業者で購入できないのですか?

購入は可能です。詳細は、こちらをご覧ください。

体験版(評価版/トライアル版)はありますか?

たいへん申し訳ありませんが、【A HotDocument】の体験版(評価版/トライアル版)は現在ございません。
かわりに【A HotDocument】から自動生成された、ドキュメントの出力サンプルをダウンロードできます。
また、ドキュメントを展示したドキュメントギャラリーにて簡単にご覧いただけます。そちらをご参照いただければ、生成されるドキュメントの豊富さ、綺麗さがご覧いただけます。
もしくは、下記の「ドキュメント出力サービス」をご利用いただけないでしょうか。
操作は簡単で、各製品ともそれぞれプロジェクトファイル等を指定して実行メニューを選択するだけで、Excel/html/chm/xml形式等のドキュメントを生成します。

自分のソースファイルをドキュメント化したいのですが? − 「ドキュメント出力サービス」

【A HotDocument】が対応している全製品のソースファイルから、無料でドキュメント化いたします。
Subjectに「ドキュメント出力サービス希望」と書き、ソースファイルをメール(support@hotdocument.net)の添付ファイルとしてお送りください。
最長10営業日以内で、生成されたドキュメントを返送いたします。
複数のファイル/サイズが大きなファイルはzipもしくはlzh形式で圧縮してお送りください。
注意
 お送りいただいたソースファイルは、【A HotDocument】の出力確認以外には使いません。
 しかし、誠に申し訳ありませんが、弊社では本件に関する全てのトラブルに対して保証をいたしません。
 その為、機密事項等の外部に漏れては困るソースファイルの送付はご遠慮ください。
 また、出力ドキュメントサイズが大きくなった場合は、HPよりダウンロードする形になりますので、ご了承ください。

コメント規約に従っていないソースファイルはドキュメント化できますか?

【A HotDocument】は、コメント規約に従っていないソースファイルでも、問題なくドキュメント化できます。コメント規約に従っていないと、ドキュメント生成できない他社製品とは異なります。
【A HotDocument】から生成されるドキュメントの内容は、大きく2種類に分かれます。1つはソースファイルの実コードを解析してドキュメント化する部分、もう1つはソースファイルのコメントを抜き出してドキュメント化する部分です。具体的には、プロシージャ一覧の場合、プロシージャタイプ、プロシージャ名、属性、行数、ファイル名などは実コードから、説明はコメントから抜き出してきます。
そのため、【A HotDocument】の規約に従っていないソースファイルは、説明の項目だけが空欄になり、それ以外はすべてドキュメント化できます。つまり、より綺麗にドキュメント化したい場合にのみ、規約に従っていただければ良いのです。また、コメント規約のカスタマイズは自由にできます。
ユーザの多くは、とりあえず現状のシステムは、そのままでドキュメント化して、これから新規で作るシステムは、規約に従うようです。

Visual Basic 2012で作ったファイルを、Visual Basic 2013版などの上位バージョンで使用できますか?

残念ながらVisual Basic 2013版は、Visual Basic2012などの下位バージョンの製品には対応していません。
【A HotDocument】 for Visual Basic 2013は、基本的にはVisual Basic 2013のみの対応となっております。
また、他のVisual Basic版についても同様です。

Visual C++ 2012で作ったファイルを、Visual C++ 2013版などの上位バージョンで使用できますか?

上記のVisual Basic版と同様です。

Visual C# 2012で作ったファイルを、Visual C# 2013版などの上位バージョンで使用できますか?

上記のVisual Basic版と同様です。

Accessバージョン、ファイル形式のバージョンと【A HotDocument】の対応製品の関係は?

Access版【A HotDocument】のバージョンの違いは、マシンにインストールされているAccessのバージョンに依存します。
つまり、お使いのマシンにAccess2013がインストールされている場合は、Access2013版【A HotDocument】をお使いください。
Access2010がインストールされている場合は、Access2010版【A HotDocument】をお使いください。
いずれの場合も、保存されているAccessのファイル形式のバージョンは関係ありません。
また、他のAccess版についても同様です。

Excelバージョン、ファイル形式のバージョンと【A HotDocument】の対応製品の関係は?

上記のAccess版と同様です。

ASP.NETには対応していますか?

はい、対応しております。
ASP.NETで言語がVisual Basic 2002/2003の場合は、【A HotDocument】 for Visual Basic .NETをお使いいただけます。
Visual C# 2002/2003の場合は、【A HotDocument】 for Visual C# .NETになります。
Visual Studio 2005以降の製品は、それぞれに対応した【A HotDocument】製品になります。
つまり、使っている言語によって【A HotDocument】の対応製品が変わります。
また、ASP.NETではない、ASPについては対応をしておりません。

バージョンアップをしたら、旧製品が使えなくなりますか?

いいえ、旧製品はそのまま使えます。
各製品は、すべて別プログラムになっております。そのため、旧製品には全く影響なく使い続けることができます。

Visual C++/C++Builder以外のCソースのドキュメント化はできますか?

はい、できます。【A HotDocument】 for ANSI-Cをお使いいただけないでしょうか。
詳しくはこちらをご覧ください。

Eclipse-Java版とJDK版等のJava系製品との違いは?

現在、Eclipse-Java版とJDK版の仕様は、同じでほとんど差異はございません。
今後のバージョンアップは、Eclipse-Java版を中心に行っていく予定です。
その為、Eclipse-Java版をご購入する事を強くお勧めします。

ライセンス販売はありますか?

はい、【A HotDocument】Studio2.0のみライセンス販売をしております。
詳しくはこちらをご覧ください。