【A HotDocument】 トップ

>

ご購入後のよくあるお問い合わせ

>

プログラム設計書 自動作成ツール【A HotDocument】 UpDateKit


プログラム設計書 自動作成ツール【A HotDocument】UpDateKit

ユーザに限り、お手持ちの製品のバージョンより、下記に新しい製品があればご利用できます。
対象バージョン、注意事項をご確認の上お使いください。

ユーザのご意見を取り入れ、プログラム設計書 自動作成ツール【A HotDocument】はあらゆる言語に対応し続けています。
製品によっては全面的に作り直しをして、より良いドキュメントが出力できるようになっていますので、ぜひともご利用ください。

UpDateKitファイル一覧(最終更新日:2017年04月05日)

製品名バージョンID主な変更点
プログラム設計書 自動作成ツール【A HotDocument】 for Visual Basic
for Visual Basic 2017
for Visual Basic 2015
for Visual Basic 2013
for Visual Basic 2012
for Visual Basic 2010
for Visual Basic 2008
for Visual Basic 2005
for Visual Basic .NET
for Visual Basic6.0
for Visual Basic5.0
プログラム設計書 自動作成ツール【A HotDocument】 for Visual C#
for Visual C# 2017
for Visual C# 2015
for Visual C# 2013
for Visual C# 2012
for Visual C# 2010
for Visual C# 2008
for Visual C# 2005
for Visual C# .NET
for C#Builder
プログラム設計書 自動作成ツール【A HotDocument】 for Visual C++
for Visual C++ 2017
for Visual C++ 2015
for Visual C++ 2013
for Visual C++ 2012
for Visual C++ 2010
for Visual C++ 2008
for Visual C++ 2005
for Visual C++ .NET
for Visual C++6.0
for Visual C++5.0
プログラム設計書 自動作成ツール【A HotDocument】 for ANSI-C
for ANSI-C
プログラム設計書 自動作成ツール【A HotDocument】 for C++Builder
for C++BuilderX
for C++Builder6
for C++Builder5
プログラム設計書 自動作成ツール【A HotDocument】 for Access
for Access2016
for Access2013
for Access2010
for Access2007
for Access2003
for Access2002
for Access2000
for Access97
プログラム設計書 自動作成ツール【A HotDocument】 for Excel
for Excel2016
for Excel2013
for Excel2010
for Excel2007
for Excel2003
for Excel2002
for Excel2000
プログラム設計書 自動作成ツール【A HotDocument】 for Java
for JBuilder
for WebSphere Studio
for Sun ONE Studio
for Oracle JDeveloper
for JDK
for Eclipse-Java
プログラム設計書 自動作成ツール【A HotDocument】 for Visual J#
for Visual J# 2005
for Visual J# .NET

出力ドキュメントをExcel2016形式にする場合(最終更新日:2015/10/15)

下記の製品をお使いで、出力ドキュメントをExcel2016形式にする場合の、UpDateKitを用意しております。
・Visual Basic 2013版以前/Visual C# 2013版以前/Visual C++ 2013版以前/Java版/ANSI-C版

(手順1)
Excel2016_UpDate.zipをダウンロードして、解凍します。
(手順2)
解凍した2つのファイル(~vba.xls、etc.xls)を、下記のフォルダに上書きコピーします。
C:\Program Files\A HotDocument\[製品名]\Lang\Japanese