【A HotDocument】 トップ

>

Excel形式出力に関する説明


Excel形式出力に関する説明

【A HotDocument】はExcel-VBAを使ってExcel形式のドキュメントを生成しています。
その為、セキュリティレベルなどが関係して処理が中断する可能性があります。

Excelセキュリティに関する説明

Excelのセキュリティレベルが高い場合はExcel-VBAの処理が停止し、中程度の場合は中断する可能性があります。
Excelセキュリティレベルによってダイアログの表示をしないで、処理を継続したい場合は、下記をご覧ください。

Excel-VBAの処理を継続する方法(Excel97-2003)
Excel-VBAの処理を継続する方法(Excel2007)
Excel-VBAの処理を継続する方法(Excel2010)
Excel-VBAの処理を継続する方法(Excel2013-2016)

Excelセキュリティレベルによってダイアログの表示

【A HotDocument】実行時に、Excelのセキュリティレベルによって、表示されるダイアログが異なっています。

セキュリティレベルが高い場合

下記のシートもしくはダイアログが表示され、処理が停止します。






セキュリティレベルが中程度の場合

下記のダイアログが表示され、処理が中断します。「コンテンツの有効化」もしくは「マクロを有効にする(E)」を選択すると処理が継続されます。



【A HotDocument】for ExcelのExcel-VBAの部分を解析する方法

【A HotDocument】 for Excelは、Excelの「VBA プロジェクトオブジェクト モデルへのアクセスを信頼する(V)」がオフになっていると、Excel-VBAの部分の解析ができません。
Excelのバージョンによって、変更方法が異なりますので、下記をご覧ください。

【A HotDocument】for Excel97-2003のExcel-VBAの部分を解析する方法
【A HotDocument】for Excel2007のExcel-VBAの部分を解析する方法
【A HotDocument】for Excel2010のExcel-VBAの部分を解析する方法
【A HotDocument】for Excel2013-2016のExcel-VBAの部分を解析する方法

Excel-VBAの処理を継続する方法

Excel-VBAの処理を継続する方法(Excel97-2003)

処理を停止もしくは中断しない方法は、Excelのメニューから「ツール(T)」−「マクロ(M)」−「セキュリティ(S)」を選択し、
セキュリティレベルを「低」にしてから、【A HotDocument】を実行してください。
セキュリティを高める為、【A HotDocument】処理時以外は、セキュリティレベルを「高」もしくは「中」にすることをお勧めします。
セキュリティレベルに関しては、Excelのマニュアルお読みください。
また、Excel2003のセキュリティレベルは(高)がデフォルトになっています。


Excel-VBAの部分を解析する方法(【A HotDocument】 for Excel97-2003)

【A HotDocument】 for Excel97-2003は、Excel97-2003の「Visual Basicプロジェクトへのアクセスを信頼する(V)」がオフになっていると、Excel-VBAの部分の解析ができません。
そこで、Excel-VBAの部分を解析するには、下記の設定が必要になります。
設定後、【A HotDocument】を実行してください。
セキュリティを高める為、【A HotDocument】処理時以外は、「Visual Basicプロジェクトへのアクセスを信頼する(V)」をオフにすることをお勧めします。
マクロの設定に関しては、Excelのマニュアルお読みください。

手順1.Excelの「ツール(T)」−「マクロ(M)」−「セキュリティ(S)」−「信頼のおける発行元(T)」タグの「Visual Basicプロジェクトへのアクセスを信頼する(V)」をオンにします。


Excel-VBAの処理を継続する方法(Excel2007)

下記の手順1〜4を行なう事により、Excel-VBA処理は停止もしくは中断されません。
設定後、【A HotDocument】を実行してください。
セキュリティを高める為、【A HotDocument】処理時以外は、セキュリティレベルを「警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする(L)」にすることをお勧めします。
セキュリティレベルに関しては、Excelのマニュアルお読みください。
また、Excel2007のセキュリティレベルは、「警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする(L)」がデフォルトになっています。


手順1.Excel2007画面左上の丸いボタンをクリックし、「Excelのオプション(I)」ボタンをクリックしてください。





手順2.Excelのオプションダイアログ「個人設定」タグの、「[開発]タブをリボンに表示する(D)」をチェックします。





手順3.リボンに表示された[開発]タブをクリックして、マクロのセキュリティを選択します。





手順4.「すべてのマクロを有効にする(E)」もしくは、「警告を表示してすべてのマクロを無効にする(D)」を選択してください。


Excel-VBAの部分を解析する方法(【A HotDocument】 for Excel2007)

【A HotDocument】 for Excel2007は、Excel2007の「VBA プロジェクトオブジェクト モデルへのアクセスを信頼する(V)」がオフになっていると、Excel-VBAの部分の解析ができません。
そこで、Excel-VBAの部分を解析するには、上記の手順1〜3の設定後、下記の設定が必要になります。
設定後、【A HotDocument】を実行してください。
セキュリティを高める為、【A HotDocument】処理時以外は、「VBAプロジェクト オブジェクト モデルへのアクセスを信頼する(V)」をオフにすることをお勧めします。
マクロの設定に関しては、Excelのマニュアルお読みください。

手順1.「VBA プロジェクト オブジェクトモデルへのアクセスを信頼する(V)」をオンにします。


Excel-VBAの処理を継続する方法(Excel2010)

下記の手順1〜3を行なう事により、Excel-VBA処理は停止もしくは中断されません。
設定後、【A HotDocument】を実行してください。
セキュリティを高める為、【A HotDocument】処理時以外は、セキュリティレベルを「警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする(L)」にすることをお勧めします。
セキュリティレベルに関しては、Excelのマニュアルお読みください。
また、Excel2010のセキュリティレベルは、「警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする(L)」がデフォルトになっています。


手順1.Excel2010の[ファイル]メニュー[オプション]をクリックしてください。





手順2.Excelのオプションダイアログ「セキュリティセンター」タグの、「セキュリティセンターの設定(T)...」をクリックします。





手順3.「マクロの設定」タグの、「すべてのマクロを有効にする(E)」もしくは、「警告を表示してすべてのマクロを無効にする(D)」を選択してください。


Excel-VBAの部分を解析する方法(【A HotDocument】 for Excel2010)

【A HotDocument】 for Excel2010は、Excel2010の「VBA プロジェクトオブジェクト モデルへのアクセスを信頼する(V)」がオフになっていると、Excel-VBAの部分の解析ができません。
そこで、Excel-VBAの部分を解析するには、上記の手順1〜2の手順に沿って、下記の設定が必要になります。
設定後、【A HotDocument】を実行してください。
セキュリティを高める為、【A HotDocument】処理時以外は、「VBAプロジェクト オブジェクト モデルへのアクセスを信頼する(V)」をオフにすることをお勧めします。
マクロの設定に関しては、Excelのマニュアルお読みください。

手順1.「VBA プロジェクト オブジェクトモデルへのアクセスを信頼する(V)」をオンにします。


Excel-VBAの処理を継続する方法(Excel2013-2016)

下記の手順1〜3を行なう事により、Excel-VBA処理は停止もしくは中断されません。
設定後、【A HotDocument】を実行してください。
セキュリティを高める為、【A HotDocument】処理時以外は、セキュリティレベルを「警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする(L)」にすることをお勧めします。
セキュリティレベルに関しては、Excelのマニュアルお読みください。
また、Excel2013-2016のセキュリティレベルは、「警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする(L)」がデフォルトになっています。


手順1.Excel2013-2016の[ファイル]メニュー[オプション]をクリックしてください。





手順2.Excelのオプションダイアログ「セキュリティセンター」タグの、「セキュリティセンターの設定(T)...」をクリックします。





手順3.「マクロの設定」タグの、「すべてのマクロを有効にする(E)」もしくは、「警告を表示してすべてのマクロを無効にする(D)」を選択してください。


Excel-VBAの部分を解析する方法(【A HotDocument】 for Excel2013-2016)

【A HotDocument】 for Excel2013-2016は、Excel2013-2016の「VBA プロジェクトオブジェクト モデルへのアクセスを信頼する(V)」がオフになっていると、Excel-VBAの部分の解析ができません。
そこで、Excel-VBAの部分を解析するには、上記の手順1〜2の手順に沿って、下記の設定が必要になります。
設定後、【A HotDocument】を実行してください。
セキュリティを高める為、【A HotDocument】処理時以外は、「VBAプロジェクト オブジェクト モデルへのアクセスを信頼する(V)」をオフにすることをお勧めします。
マクロの設定に関しては、Excelのマニュアルお読みください。

手順1.「VBA プロジェクト オブジェクトモデルへのアクセスを信頼する(V)」をオンにします。


Excel2010-2016の画像ファイルを読み込みのバグ

Excel2010-2016には、Excel-VBAで画像ファイルを読み込み後、元の画像ファイルを消すと、再度Excelを開いた時に、画像が消えるというバグがあります。
その為、【A HotDocument】では元の画像ファイルを出力フォルダにコピーしております。
Excel2010-2016のバグが修正されるまで、この仕様にしておりますので、画像ファイルを削除しないようにしてください。
もしくは、Excel2010-2016以外のExcelをお使いください。

Excelマクロ実行中のエラー

Excelマクロ実行中に、下記のエラーが出て処理が中止する場合があります。

No.エラー内容対応方法
1. 「実行時エラー '1004' 移動先またはコピー先のブックの行列数が元のブックの行列数よりも少ないため、シートを移動先またはコビー先のブックに挿入できません。データを別のブックに移動またはコビーするには、データを選択して、[コビー]コマンドと、[貼り付け]コマンドを使用して移動先またはコビー先のブックのシートに挿入してください。」 のエラーダイアログが出る。 Excelファイルの保存形式を変更されている事が、原因と思われます。ファイルの保存形式が、変更されていると動作しない場合があります。

【A HotDocument】を実行する時には、Excelの[オプション]-[保存]-[ファイルの保存形式]-[Excel 97 - 2003]を[Excelブック(*.xlsx)]に変更してください。
2. 「実行時エラー '1004' PageSetupクラスのPrintAreaプロパティを設定できません。」のエラーダイアログが出る。
【A HotDocument】では、必要な印刷情報を得るために、プリンタドライバにアクセスしています。そのため、印刷環境が整っていない環境ではこのようなメッセージが出力されます。
プリンタ設定をしてから、【A HotDocument】を再実行してください。
3. Excelマクロ実行中に強制終了ダイアログが表示され、強制終了してしまう。
Excelマクロ実行中に処理が止まる場合、DLL等が他のソフトのインストールによって、変更されている可能性があります。1.から順番に操作して、【A HotDocument】を再実行してください。また、再インストールは一度アプリケーションを削除してからインストールしてください。

1.Excelの印刷環境をご確認ください。Excelからプリンタにテスト印字できれば問題ありません。
2.不必要な常駐ソフトを止めて、マシンを再起動してください。
3.Excelを再インストールしてください。
4.最新のプリンタドライバを、取り寄せいただき再インストールしてください。
5.【A HotDocument】を再インストールしてください。
6.他のマシンで実行してみてください。